中・上級者向け教材

売上げアップに直結する「リストビジネスの教科書」

イケハヤです。

おかげさまで「イケハヤ大学メール講座」が登録者35,000人を超えました!

国内で動いているメルマガのなかでは、おそらくトップクラスで成長しているのではないかと。

メルマガなんて古いでしょ?と思うかもしれませんが、これ実は、一周回って最先端なんです。

メールマガジンって、要するに「顧客リスト」なんです

みなさん、顧客リスト持ってますか?

これ、実はビジネスの命なんですよ。

江戸時代の商人は、火事が起きたときは顧客台帳を持って逃げたそうです

家が焼け落ちようが商品が炭になろうが、顧客リストさえあれば再起できる、ということなんでしょうね。

気持ち、めっちゃわかります。ぼくもメールマガジンのリストを持って逃げますw

ぶっちゃけると、メールベースの顧客リストから……累計で億は余裕で稼げています。

メルマガからの売上①
メルマガからの売上②

リストマーケティングなしで、これらの売上を作ることは不可能だったと思います。

それだけ強力なリストマーケティングなのですが……

「顧客リスト」をどう集めて、どう育てていくかって、あんまり語られてないんですよね。

これ、ツイッターの攻略法よりもずっと大事なんですけどねぇ……。

というわけで、これからステップメール構築、そして「DRM」を始める人向けのノウハウを教材にします。

あなたの顧客リストを作りましょう!

目次はこちらです。

  • 動画6本(約1時間45分)
  • 特典:ステップメール原稿公開
  • はじめに
  • SNS、動画マーケティングの限界
  • ステップメールとは?
  • DRMとは?
  • 広く浅く集めて、深く狭く長く付き合う。
  • 顧客を育成、フィルタリングする。
  • おすすめの配信スタンドと、具体的な設定方法
  • LPの制作と集客方法について
  • サブシナリオとレスポンスの設計について
  • レスポンスの自動化、外注について
  • 売り込みの考え方と注意点
  • アフィリエイトセンターについて

購入者特典として、イケハヤが実際に流している、各シナリオのメール文面もダウンロードできるようにしています。

この教材を通して、あなたのステップメールとDRM戦略の構築ができれば、投資のもとは余裕で取れるはずです!

DRMに関する勉強会、対談などを実施した場合は、こちらの教材に追加します。

また、例によって内容が古びないように、定期的にメンテナンスをします。

では本編に入りましょう。最初の方は無料で読めます。

SNS、動画マーケティングの限界。

そもそものマーケティング上の問題意識を共有しましょう。

2010年代は、SNSマーケティングが大きな注目を浴びました。

今ではインフラとなったSNSに関しても、当初は

「ツイッターなんか誰も使わない、普通の人のつぶやきなんて誰が見るんだw」

「実名制のフェイスブックなんて、日本では絶対に流行らないw」

「インスタなんて、ただ写真をキレイにアップできるサイトじゃないかw」

といった否定的な見解が大きかったことを覚えています。

が、震災を超えて、2012年あたりから常識が変わり、マーケティングはもはやSNSなしでは成り立たなくなっています。そのことについては、説明は不要でしょう。

しかしながら!

SNS、あるいはそれに次ぐ動画(YouTube, TikTokなど)プラットフォームを活用したマーケティングには、限界もあることがわかってきました。

その限界とは……「広く浅く短くしか、コミュニケーションが取れない」という点です。

ツイッターやYouTubeは、たしかに爆発的なリーチを誇ります。

かくいうイケハヤも、各プラットフォームのフォロワー・登録者を足すと、延べで50万人を超えています。

ひとりの人間が50万人へのリーチを持つ(しかも無料!)というのは、今までのマーケティングではまったく考えられないことです。

とはいえ、この50万人へのリーチは、残念ながらこれ単体では「浅い」のも否めません。

ツイッターもYouTubeも、コンテンツ間の競争が非常に激しく、流れるスピードはほとんど濁流です。

この濁流の中で継続的にコミュニケーションを取るのは困難です。

実際に、フォロワーやチャンネル登録はサクッと解除されてしまう傾向が強いです。瞬間的に話題になったとしても、すぐに飽きられる・忘れられる傾向もありますね。「100日後に死ぬワニ」の熱狂を覚えていますか?

さらにいうと、いわゆるインフルエンサーは顧客を正確に把握することができていません。

イケハヤのツイッターフォロワーは25万人を超えます。

が、「ではその25万人のうち、ロイヤルカスタマー(熱心な顧客)は誰ですか?」と問われると、まったくもって言葉に詰まります。

ビジネス的にはありえない話で、ずっとブランドを応援してくれている顧客を、ぼくらは把握できてないんですね。

こうしたお粗末な状態だから、せっかく魅力を感じてくれた顧客が、なんのケアもされず放置され、関係を深める機会がなく、離脱していってしまいます。いわゆる「顧客育成」をまったくしていないわけですね。超もったいない。

SNSやYouTubeだけでは、顧客とのコミュニケーションが「広すぎる」「浅すぎる」「短期的すぎる」という状態から脱することができません。

はい。ここで出てくるのが「ステップメールとDRM」なわけですね。

この手法を使えば、「狭く、深く、長い」コミュニケーションが可能になります

ステップメールとは?

そもそもステップメールを知らない人が多いと思うので、あらためて説明しましょう。

ステップメールはメールマガジンの一種で、事前に入稿した原稿を、登録者に対して逐次配信するシステムです。

実際にイケハヤのメール講座に登録するのがわかりやすいと思います(無料でいつでも解約できますので安心してください)。

https://ikedahayato.com/mm/

登録した直後に一通目が届き、プレゼント教材が渡されます。

もちろんこのメールはぼくがいちいち書いているのではなく、事前にシステムに入稿しているわけです。

「登録から2日後の同じ時分」という設定が見えますが、このように、各ユーザーの登録タイミングに合わせて、個別にメールが配信される仕組みになっています。

イケハヤはこうしたステップメールを、メインのシナリオでは「1年分」用意しています

365日にわたって、2日に一度、講義メールが届く仕様です。

ぶっちゃけめちゃくちゃ長いですが、それにはもちろん理由があるので後述します。

ステップメールはここまで作り込まなくても、5〜10通程度でも十分に機能するので安心してください。平均的には10〜15通程度だとも思います。

(購入者向けの特典として、1年分のステップメール原稿を参考までにプレゼントしておきます。生データなので少々見にくいかもですが、参考にしていただければ幸いです。)

DRMとは?

さて、ステップメールを作り込むのは、あくまで前段。

ステップメールだけでも顧客育成はできますが、ここでやめるのはもったいない!

メールを登録してくれた顧客リストを、あなたの色に染め上げましょう。

メール登録者に対して行うマーケティング手法を、一般的に「DRM」と呼びます。

ダイレクト・レスポンス・マーケティングの略で、その名の通り、顧客に行動を促し、レスポンス(反応)を発生させることを特徴とします。

イケハヤのメール講座の場合は、以下のようなレスポンスを用意しています。

  • 課題「ツイッター100日チャレンジ」
  • 課題「ブログの毎日更新」
  • 課題「自分の商品を作る」
  • 質疑応答
  • 将来提供するサービスへの事前登録

課題の一部については、「イケハヤまで完了報告をすると、ぼくが直接無料でメールコンサルを提供する」という仕組みにしています。手間ではありますが、ユーザーにはかなり喜んでいただけています。

さて、こうしたレスポンスは、なんのために行うのでしょう?

====

ここから先は有料コンテンツです。

現在の価格は「69,800円」です。

高いと思うかもしれませんが、20万円くらいの価値は余裕であると思ってます!この話、なかなか聞けませんからね……。

この教材の内容を実践して、1000万円以上の売上アップにつながった方も出てきています

【目次】

  • 動画6本(約1時間45分)
  • 特典:ステップメール原稿公開
  • はじめに
  • SNS、動画マーケティングの限界
  • ステップメールとは?
  • DRMとは?
  • 広く浅く集めて、深く狭く長く付き合う。
  • 顧客を育成、フィルタリングする。
  • おすすめの配信スタンドと、具体的な設定方法
  • LPの制作と集客方法について
  • サブシナリオとレスポンスの設計について
  • レスポンスの自動化、外注について
  • 売り込みの考え方と注意点
  • アフィリエイトセンターについて

なお、コンテンツは古びないようメンテナンスしていきます。

そして、コンテンツ追加も予定しております!追加のたびに値上げすると思いますので、この機会にどうぞ。

【購入前にお読みください】

  • 本デジタル教材は、返金には原則的に対応していません。
  • 購入完了後、メールアドレスに閲覧URLをお送りしていますので、ご確認ください
  • メールアドレスの誤入力などで閲覧ページがわからなくなった方は、nubonba@gmail.com (代表直通) までご連絡ください。
  • アドレス誤入力が非常に多くなっているので、今一度の確認をお願いします!お手数おかけします……。
  • キャリアメール(docomo, softbank, auアドレス)やicloudアドレスは、こちらのメールがブロックされてしまい、対応できない可能性があります。返信がない場合はそれ以外のアドレス、またはツイッターなどで問い合わせください。
  • メールへの返信対応は、平日の8:00〜17:00(営業時間)で行ってます。
  • 祝日・休日・夕方以降のお問い合わせは、少々お返事遅れる可能性がありますがご容赦ください。
  • メールサーバーの容量がいっぱいだと、こちらのお返事が受信できない可能性があります。返事がなぜか来ない場合は、ツイッターなどでお問い合わせいただければ幸いです

教材を購入する(69,800円)】